Pocket

皆様の中に大変な勘違いをされている方がいらっしゃいますのであえて記載します

AKB48選抜総選挙において、その選挙活動や投票支援についての内容となりますと大使等肩書は一切使えない
ということです

大使等肩書を持っているメンバーを応援されている方は、まるで政治的バックがついているかのような勘違いをされている方がいます

実際に松村香織さんの場合は「山田町ふるさと大使」、「和光市応援団長」の二つですね

まず、大使等肩書はそれを受けたメンバーが当該行政や行政エリアの住民になんらかの貢献をするためのものです
なのでその逆はありません

通常の活動においては当該行政エリアでイベントなど行われた場合には、それに集まる集客により地元の店舗などにお金が落ちるとか、そのエリアの知名度向上などが貢献になります
メンバー本人が現地入りしない場合でも、ふるさと納税の呼びかけなどによる納税額増などもそうですね

しかし、AKB48選抜総選挙に関する活動は、投票行為が全て有料のものであり、またメンバーのために当該行政エリアの方々のお手を煩わせることがあってはならないのです
当該行政エリアの中にもファンの方はいると思います、そのような方は呼びかけを行わなくても通常に投票いただけるものと思います

そして、AKB48選抜総選挙において、その結果の順位は高ければ高いほど当該行政エリアの名を売ることに貢献できます
しかし高い順位にするための活動を求めることはできません

大使等肩書というものは、当該行政エリアに対して一方通行の貢献活動であることをご理解ください